弁護士は税理士や司法書士の仕事はなんでもできるのか?

この質問に対する返答は、YesでもありNoでもあるということになるでしょう。
弁護士は確かに、税理士や司法書士ができる仕事の全てを行うことが法律上許されています。
つまり弁護士さえいれば、司法書士や税理士という職業はいらないということになるでしょう。
これは、あくまで弁護士になる人の数が、非常に多く全ての状況に対応できる場合といえます。
しかし実際には、弁護士の人数は決して足りているとは言えず、弁護士の仕事を援助してくれる存在が必要になっています。
この役割に担っているのが、税理士であり、司法書士ということになるでしょう。

この2つの職業は、資格を取得するのは難しいと言われています。
その理由は、上記のことから分かるのではないでしょうか?
つまり税理士も司法書士も、当然法律に関係する専門的な仕事であるということです。
確かに弁護士であれば、司法書士の仕事も、税理士の仕事も問題なくできます。
しかし弁護士に仕事は多岐にわたるため、専門的に登記関係の仕事をしている司法書士の方が、弁護士よりも自身の仕事に熟達している可能性はあります。