相続税が払えない!そんなときは?

故人の遺産を相続するとき、正味の遺産額が基礎控除額を超えたときは相続税納付の義務が生じます。
しかも、被相続人が死亡してから10カ月以内という期限付きです。
もし、相続したのは不動産が大半という場合、相続税が払えない事態も起こってきます。
現金があれば、相続税を納付しやすいと思います。
しかし、そうでない場合は、なんらかの方法で相続税分を工面することになります。
まず、考えられるのは相続した不動産を売却する方法です。
ただし、納付期限まで時間がないほか、不動産売却にともなう所得税や住民税が発生する可能性もあります。
次は、相続する財産を担保にお金を借りる方法です。
こちらを利用するためには、借入条件をクリアすることと、借入利息が発生することを覚悟する必要があります。
3つ目は、税務署に延納や物納を申請する方法があります。
ただし、延納によって利子税が発生するほか、さまざまな条件を満たす必要性がでてきます。
相続を経験するのは、一生のうちに数えるくらいしかないと思います。
それだけに、相続税が払えないときの対処方法について、考えておくことが大事ではないでしょうか。