子どもが留学するメリットとは?

「かわいい子には旅をさせよ」という諺(ことわざ)が存在します。
それを形にしたものとして「留学」があります。
アメリカやカナダなど、海外へ留学するのはもちろん、国内で山村留学をするのもよいでしょう。
留学期間の長さは、個々によっても変わってきます。
夏休みなどの休暇を利用して、短期留学してもよいですよね。
あまり期間が短いと、語学を学べないのではと考えてしまいます。
しかし、ふだんとは異なる環境に身を置くことで、子どもが学ぶことは多いのではないでしょうか。
たとえば、親子で留学する場合、その国の言葉を覚えるのは、親よりも子どものほうが早いとの説があります。
これは、国内で英会話教室に通った場合でも通じる話です。
また、留学先で出会う人に親しく声掛けできるのも、子どもではないでしょうか。
もちろん、語学の習得だけが留学目的ではありません。
海外での生活を通じて、その国に興味を持つことや、海外での仕事を目指す「きっかけ」になることも出てきます。
いくつになっても「学び」は大切です。
そのためには、子どもが学びやすい環境づくりを行いましょう。
もちろん、海外留学も「あり」です。